育児疲れの処方箋

ぴかまま

こんにちは! 看護師を8年経験し、今は産業保健師に転職したぴかままです。

『ゆる〜く健やかに』をテーマにブログで日々の出来事を書いています。

 

今回は子供の世界について。

子どもの世界

毎日の育児大変ですよね。

我が家は5才の長女・3才の長男の育児に日々奮闘しています。

息をつく間もない日々ですが『心の処方箋だな』、と感じた出来事があったので紹介します。

 

昨日、娘とピクニックにいくためにおにぎりを作っていました。

おにぎりを作ったあとの余ったご飯を容器に入れていると、5才の長女が、

『ぴかちびちゃん(仮名)がする〜!!』と言うのでお願いしました。

すると・・・

 

5才長女白い金魚がいっぱいおるねん。

ちゃんとすくわなあかんで。

何のこと?と思ってみていると・・・

ご飯粒を金魚に見立てて、桶がジップロックの容器、金魚をすくう『ポイ』がしゃもじ、にしています。

落とさないように注意深くご飯(子どもの中では金魚)をすくっているんです。

子供の世界って本当に不思議ですよね。

『鬼滅の刃ごっこ』ではオニ役にされるのは日常茶飯事。

我が家の実力派芸人
created by Rinker

買い物帰りに突然『道路の白い線踏んだらワニに食べられるってことな。はい、ママ食べられた〜。』(なんでやねん!と心の中で思う)

理解できないことが多いんですけど、一緒の目線になると新しい発見があります。

認知症の患者さんの看護

看護師を8年していましたので、認知症の患者さんともたくさん関わらせていただきました。

看護師を辞めた今振り返ると、子ども世界と認知症の患者さんの世界も同じように思います。

一見何のことをいっているのかわからなかったり、何で怒っているのかわからないんですけど、ちゃんとした理由があったりするんですよね。

 

現場で働いていた時は、ほんと忙しくてしっかり話を聞くことができなかったんですが、丁寧にゆっくり関わることができれば、認知症の方の看護はもっと楽しくできたのかもしれないな、と思います。

子育ても介護・看護も世界観を一緒に共有して喜んだり悲しんだり、心に寄り添ってあげることが大切なんですよね。

そうすると親や介護者も新しい発見があって感動したりする。

30数年生きてきて『ご飯をよそう=金魚すくいになる』と子どもに教えてもらいました。(笑)

子どもの世界っておもしろいな、と感じた出来事でした。

新しい発見が今日もありますように。

 

後日談、

平日炊飯ジャーを使わずにすむように、6合のご飯を炊くと、長女が『ぴかちびちゃんがする〜!』とポイならぬ、しゃもじを持ってきます。

『これ(ポイ)全然破れへんねん。』と自慢げな顔。

『ほんまやな〜なんぼでもすくえるなぁ〜』と子どもの世界にまた引き込まれてしまうぴかままでした。

2020年8月4日