コロナ禍で見直した『週末の過ごし方』そして『自分の生き方』

週末は、いつもどこかにおでかけ!

平日の空き時間にイベント情報や、遊ぼ場をチェックしてチケットを確保しておいて・・・

共働きで子供達には寂しい思いをさせているから休日は少し贅沢を。

と、テーマパークや南港の屋内にある遊び場などなど出かけることが多かったです。

けどコロナで出かけるのも気が引ける・・・

 

ピンチは良くするチャンス

 

コロナで不安や不便なことがありますが、自分の生き方を見直すきっかけになったと思います。

少し大袈裟ですが・・・

バスでお出かけ

 

先週末は、バスで少し遠いイオンに買い出しに行きました。

我が家には車はありませんので、よくレンタカーを借りていたんですが、

子ども等が『バスに乗りたい!』というので路線を調べバスでお出かけすることに。

乗っている人も少なく、降りる時にボタンを押せることもあって子どもたちは大喜び。

こんなんで喜んでもらえてママもお財布に優しいからありがたい。

 

近くの公園で遊んだり、

餃子作りをしたり、

あ〜早く週末にならないかな。

 

ホットプレートは出しっぱなし

 

休日はよくホットプレートを出しっぱなしにします。

朝は子どもたちがフレンチトーストとオムレツを作ってくれます。

自分たちで作ると盛り上がる!

お昼は余っていた納豆で納豆チャーハン(意外に美味しいんですよ)

夜はホットプレートでもできる簡単グラタン。

 

朝からゆっくりご飯を食べられて本当に幸せ。

3歳の長男も自分で食べます。

 

アボカドとマヨネーズを混ぜてサラダにトッピング。

八百屋さんが選んでくれた野菜は味か濃くて美味しい。

6歳長女はフレンチトーストに挟んで食べます。

アボカドは最近長女のお気に入り(笑)

 

生活レベルを上げずに、今の幸せを感じる

 

コンビニなどに並ぶ雑誌を見ると、キレイでおしゃれなママが、これまたおしゃれで可愛らしい子どもを抱っこして『愛されママコーデ』『今、子供と行きたいのはココ!』などなど情報が眩しい!

こんな服が欲しいな〜

子どもにもきさせてあげたいな〜

ここに連れて行ってあげたい

と思わずにはいられません。

けど、そうなると収入をあげないと、とか、できない自分が『持ってない残念な人』になってしまう。

けどそれって本当に残念な気持ちになる必要があるんでしょか?

子どもが元気で自分も健康で、雨や寒さをしのげる家があり、食事も家族で食べられる。

こんな贅沢なことってないんじゃないかと思うんです。

けど資本主義の悲しいかな。

やっぱり経済を回すには人間の『もっと欲しい』『もっと豊かになりたい』を利用しなければならないんですよね。

『もっと』より『まぁまぁ』にシフトしてもいいじゃない。

もう情報に振り回され世間を意識して、頑張るのはしんどい。

一度きりの人生、今に目を向けてゆっくり生きるのも生き方の一つ。

ということで今日もゆる〜く、けど今を大切に1日を過ごしたいと思います。

みなさんいい1日を〜(^^)