ちわわ君、夫の実家での過ごし方

 

 

ちわわ君は田舎を満喫

 

夫の実家へ帰省することが分かるようで、ちわわ君はトランクに荷物をつめ出したりするとソワソワ。

『もちろん僕もつれて行ってくれるよね?』

『また、ばぁば(義母)が焼肉わけてくれるかな〜』

など話しかけてきます。

 

実家に着いてお気に入りの場所はここ。

 

ちわわ君はおばあちゃんのソファでお昼寝。

お出かけの時はいつもお留守番やけど、ここだと大好きな義母が可愛がってくれるから安心やね。

ぬいぐるみに混ざってるから大阪につれて帰るのを忘れそうになるわ〜

車はもちろん人もほとんど通らない道をリードなしで散歩。

タヌキやシカの匂いがするようでいつもより念入りに匂をかいでいましたよ。

 

裏の川の土手はお気に入りのコース。

まだセミが鳴いていましたよ。

義母に蒲鉾の板をもらって残った蒲鉾を味わいました。