看護師をやめて企業保健師になるために私がしたこと

こんにちは。

ピカママです。

8年間看護師をしていましたが、子育ての両立のため、看護師から産業保健分野に転職しました。

『看護師の日勤で働きたいけど看護師はちょっとしんどいな。』

『企業の仕事に興味あるな。』

と考えている看護師さん、保健師さんの参考になればと思い自分の転職経験を書いています。

【こんな人におすすめ】

  • 産業保健分野で働きたいけどどうして良いかわからない
  • 育児と子育てを両立したいと思っている
  • 医療現場での看護師の仕事は自分に合わないと感じている

 

【産業保健分野】で働くために

人材派遣会社・人材紹介会社には複数登録する

看護師転職のときは、登録するとすぐに電話がかかってきて、

次々求人を紹介してくれました。

履歴書もどこに何年間勤めたかがを書く程度。

でも、産業保健分野は求人が少なく、長く働く人が多いので自分で求人を見つけるのは難しいです。

転職を考える方はとりあえず登録だけでもしておくことをオススメします。

私は定期的にエージェントの方と話をして、

今後のキャリアアップのためのアドバイスをしてもらっています。

ちなみに、

  • メディカル・コンシェルジュ
  • パソナ
  • プライマリーアシスト

の3つに登録しています。

 

無料の産業保健に関する研修も多く、

エージェントの方にもよるのでしょうが、私は女性の方が担当で育児と仕事の両立するための悩みなどプライベートな事まで相談に乗っていただきました。

子育て中や家事と仕事の両立で悩まれている方は担当を女性にしてもらう

というのもいいかもしれません。

 

短期・派遣・育休代行の仕事であっても積極的に応募

看護師の時にも転職をしていますが、医療現場は人手不足、

書類選考では落とされず面接までいくのが当たり前でした。

企業保健師は全く違いました。

まず面接までいきません。

保健師免許を持っていても産業保健経験2〜3年を希望されます。

なので派遣社員・パート・産休代行でも積極に応募して経験を摘まれることをオススメします。

私も派遣社員で経験を積んでいるところです。

経験を積めば、正社員枠への転職の幅が広がりますよ。

産業保健・健康経営に関する知識をつけておく

この『産業保健と看護』は、カラーで写真も多く実際の産業保健の仕事がイメージしやすいです。

産業保健って何するの?と思われる方には読みやすくオススメです。

よければ参考にしてください。

 

最後に

書類選考でバンバン落とされる。

面接まで行かない。

看護師の転職と違って厳しいな、と感じます。

けど狭き門でも求人はありますし、健康経営の考え方は着実に広まってきているので需要はあります!!

看護師のしごとが辛く、悩みながら仕事をされている方、

産業保健に興味があれば、ぜひ一歩踏み出してみてください!

きっと何か得られるものがあると思います。

一緒に前を向いてがんばりましょう。

ではでは。