保育料が高い!共働き夫婦におすすめのiDeCo イデコで保育料下げよう。

こんにちわ、ぴかぱぱです。

保育料って高い!!って本当に思いますよね。

少しずつ子育て世代に優しい世の中になってきて、

制度が少しずつ良くなってきているようですが、

まだまだ高いと思います。

 

所得に応じて保育料も変動するので、年収の高い方はたくさん保育料を

支払っているのではないと思います。

働いた分だけ保育料を払って、働く意味ないじゃん!

ってな声も聞こえたりします。

 

そんな皆さまに、今回は保育料をしっかり節約しながら、

さらにしっかり老後の蓄えもできてしまう

 

本当におすすめな、確定拠出年金「iDeCo」について紹介していきたい思います。

 

 

所得税、住民税が控除!保育料を節約出来る

 

確定拠出年金「Ideco」の最大のメリットは税制優遇です

所得税、住民税がつみたてした金額を全額控除できます。

 

会社で年末になるとやっている年末調整ってありますよね?

その年末調整で払った金額を全額控除できる事になります。

会社員の方で最大で、月23,000円を拠出することができるので、

年間で276,000円になります。

この金額すべてを年末調整できることになります。

 

ちなみに皆さんが年末調整している生命保険は上限が40,000円です。

80,000円払って半分の控除にしかなりませんので、この差は歴然です。

結果、所得税と住民税が節税されることになり、

しっかり保育料を節約することができます。

 

↓下記サイトにて簡易で節約金額を試算できます。

参考 税控除を確認するiDeCoナビ
保育料の金額決定については、↓リンクに詳しく説明しています。

確定拠出年金 idecoってなに?

イデコナビから
個人型確定拠出年金「iDeCo(イデコ)」とは、自分で作る年金制度のことです。
加入者が毎月一定の金額を積み立て(掛金を拠出するといいます)、あらかじめ用意された定期預金・保険・投資信託といった金融商品で自ら運用し、60歳以降に年金または一時金で受け取ります。
※60歳になるまで、引き出すことはできません。

公的年金にある、国民年金や厚生年金、共済年金にもう一つ

年金を自分で追加できると考えてもらえれば良いと思います。

国主導の制度ですのでしっかり税制面で優遇されています。

投資信託で運用って初心者でも大丈夫?

 

投資商品なのでリスクはありますし、元本割れも可能性があります。

しかし投資信託は世界の株式や債券などに、分散して投資できる商品です。

仮に日本の景気が悪くなって、日本の株のみで投資している場合は確実に損をしますが、

投資信託は世界に分散している商品を選ぶことができます、

日本がダメでもアメリカやヨーロッパがよければ

投信信託の価格は上がることになります。

これが世界分散投資の力です。

楽天証券で楽天・全世界株式インデックスファンドで運用しています。

 

実際に初めてみようと思った時に、どんな商品を選んでいけば良いか迷うと思います。

私は楽天証券にある

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド

という投資信託で運用しています。

この商品の特徴はとにかくコストが低いという事と、

世界の株式に分散投資しているという特徴があります。

米国、ヨーロッパ、日本などの先進国に加えて、中国やインドなどの国にも分散投資して、

その数はおよそ7,400銘柄になります。

また、この楽天・全世界株式インデックスファンドは

今年の投資信託の投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2017

に置いて堂々、一位になった商品です。

世界の株式の利回りは平均5%と言われていますので、30年間で

月2.3万円つみたてできれば、約2000万円を作ることができます。

夫婦二人ともなら単純に2倍ですので、しっかり積み立てておけば老後の資産形成も

しっかり備えることでできます。

 

また同じ楽天証券の中にはセゾン投信

セゾン・バンガード・グローバルバランスファンドという

商品もありこちらもおすすめです。

こちらはつみたてNISAと子供NISAで私は運用し、つみたてをしています。

株式と債券が50対50の割合で投資するので、少しリターンは減少しますが

リスクを抑えられるのでこちらもおすすめ商品です。

さいごに

私もこのイデコの存在を知って、色々調べていくうちに、

共働き夫婦に本当にあった制度だと実感しました。

 

投資という事に抵抗がある方もおられると思いますので、

一応商品のラインナップに定期預金も含まれています

定期預金でも全額控除になりますので、保育料を下げる効果はしっかりあります。

しかしながら利回りが低いので、出来れば良い投資信託を選んでもらって、

長期でコツコツと投資していって欲しいです。

 

子供手当てが出来て支給されるようになってから、

16歳以下の扶養控除はなくなってしまいました。

ですので、このiDeCoを使って、

共働きで頑張ってる方にはしっかり制度を有効活用し、

尚且つ老後の資産形成もしっかりして欲しいです。

ぴかぱぱのおすすめするiDeCo本 3選

こちらはイデコナビのサイトを運営している、大江加代さんの本になります。

本当に初めてで、さっぱり分からないという方の入門書としておすすめです。

投資信託の著書でも有名なファイナンシャルプランナーの竹川美奈子さんの本です。

どの商品を選ベば良いのか?という疑問にも詳しく説明してあります。

この本一冊で、iDeCoから投資信託、資産運用まですべて学ぶ事ができます。

最後にセゾン投信の社長の本です。

私が投資信託で投資をするきっかけを作ってくれた方です。

一般人の資産形成をしっかり考えた商品を提供し続けてくれています。