先輩ナースに可愛がられる方法!(タイプ別)

こんにちは、ピカママです。

私は8年間看護師をしていました。

今は子育てと仕事を両立するために企業保健師へ転職しましたが、

看護師1年目ときは仕事を覚えることや夜勤や遅出・早出など不規則な勤務で

身体はヘトヘトでした。

それ以上に大変なのが人間関係。

看護師の職場は女性がほとんどなので、仕事以上に先輩に気を使うこともありました。

特に夜勤は2〜3人で15時間以上一緒に過ごします。

苦手な先輩だと夜勤に行くのが本当に嫌で胃が痛かったです。

新人看護師の皆さんも同じような経験ありませんか?

私はテキパキ動けるタイプではなかったのですが、

よく『可愛がられてるね』と言われていました。

その時は何でかな?と思っていました。

でも、先輩と同じ年代になり、30代、今考えるとコミュニケーションの方法だと気付きました。

どう話しかけたら気持ちよく話してもらえるかな?と考えていました。

すると苦手だった先輩と仲良くなって、仕事をサポートしてもらうだけじゃなく、

エステにいったりするようになったりするようになりました。

先輩看護師に可愛がられるには『仕事ができる』よりもコミュニケーション力

頭の回転が早くて、仕事ができるな、という新人さんもいます。

でも、意外とそういうできる新人さんは、先輩から可愛がられないばかりか、

『あの子は仕事ができると思ってるわ』と目をつけられたりします。

それはちょっとした挨拶や言葉使いです。

新人看護師さんに是非使って欲しい!コミュニケーション力をあげる『さ・し・す・せ・そ』

簡単なので何度か口に出して覚えておくと、夜勤の合間などに使えて便利です。

新人さんは特に先輩とうまくコミュニケーションをとって可愛がられましょう。

採血や体位変換(寝たきりの人の体の向きを変える)などちょっと仕事のしたコツを教えてもらえるはずです。

さすがですね!〇〇さん!

名前をつけることがポイント。

名前をつけることで自分のことを言われていると強調できる。

女子力が高いですね!何かされているんですか?

『女子力』ってやっぱりいくつになってもほしいです。

『何かされてるんですか?』まで聞くと会話が広がり、相手の内面を知るきっかけになります。

素敵です

センスがいいですね

それはすごい!マネしてみます

マネしてどうだったかまで報告できたらもっと高感度が上がりますよ

 

 

苦手意識を持ってしまっている先輩ほど、この『さしすせそ』で話しかけてみましょう。

意外な内面や共通点が見つかるかもしれませんよ。

そして『そうなんですね』『なるほどねすね』は避けましょう。

聞いていない、もしくは興味がない、と感じられる可能性があります。

よく電車やカフェなどでも聞きますけど要注意です。

 

では次に、私が8年間働いてきた中で、よく出会ったパターンの先輩たちへ、

どうしたらいいか悩み考えたコミュニケーション方法を書いていきます。

あくまで個人的な意見なので参考程度にしてくださいね。

独身・もしくは子供がいなくて、バリバリ仕事をするタイプ

  • 仕事にかける情熱は半端ではなくドクターよりも知識が豊富。

患者さんのことで気になることは何でも相談する。

相談するコツは、自分でも調べてから聞くこと。

『○○だと思うんですがどう思われますか?』と聞きましょう。

ライン交換などしてしまうと、休日にも患者さんの変化など仕事の連絡がきて

プライバシーがなくな可能性があるので慎重に。

お姉さん風吹かせたいタイプ

  • 彼氏の話・美容の話が大好き。
  • 休日には好きなアイドルのコンサートに出かけたりプライベートも充実している。

休日の過ごし方やアイドルの情報を少し調べて聞いてみる。

変化に気づいて伝えてあげる。

うまくいってそうなら『彼氏とはどうですか?』もあり。

何かとケチをつけたいお姑タイプ

  • ゴミ袋の広げ方や物品の片付け方など、何かとケチをつける。
  • 仕事熱はあまりない。

とりあえず言われたことには反発せず聞き流す。

アドバイスを受けたことは『やってみました。全然違いますね。さすがです!』と、

返してあげる。

 

全ての人に当てはまることですが、

相手が生活の中で頑張っていること、こだわっていること褒められれば誰だって嬉しいです。

雑談から先輩の内面を見るようにしてみてください。

 

仕事は人間関係が9割!苦手な人がいたらこの本を読んで雑談力を鍛える

雑談力は仕事をスムーズにします。

私も従業員の方に保健指導をする時、とても参考になった本です。

仕事は知識だけでなく、一緒に仕事をする人タイプを探って、

信頼関係をいかに築けるかにかかってきます。

 

新人看護師さんには新しい職場で先輩看護師・医師・リハビリスタッフ・患者さんなどなど、

たくさんの人と関わりますよね。

雑談で信頼関係を築くことができれば良い看護ができると思います。

頑張ってください。

時間があればこの本も、ぜひ読んでみてください。

ではでは。