共働きパパの最強メシ!20分でできる1歳からたべらる野菜カレー!

こんにちは!ぴかぱぱです 。

私はしごとの都合上、週一回ペースで夜勤があります。私が夜勤のときには、妻が仕事終わりで保育園にこども二人をお迎えに行き、晩御飯、お風呂、寝かしつけ、そして次の日の保育園の準備等をしていて、完全にワンオペ育児なっています。

共働きのご家庭ではよくある事だと思います。本当にたいへんだと思うので、しごとが終わってヘトヘトの妻を少しでも、負担を軽くしてあげたいとの思いで、いつも夜勤の前夜はパパカレーを作っています。子供にごはんをたべさせるって本当に大変でストレスがかかります。なので妻がワンオペの時には子供がすすんでごはんを食べてくれるように、カレーを作っておきます。

そこで今回は私がよく作る、20分でできる子供が大好きな、妻もこどもも喜ぶ野菜カレーの作り方を紹介したいと思います。

用意するもの

圧力鍋

これは実際に私が使っているものです。これがないと、とても時間がかかるので必須です。そんなに高いものでもないですし、肉じゃがやシチューとか煮込む料理は全部使えるので、とても便利ですのでぜひ使ってみてください。

また、そのままアマゾンでパッキンは圧力切り替え機も買えるので、とても経済的です。このパッキンは毎回圧力がかかる部品なので、だいたい1年くらいで交換しています。

わたしは食洗機にすべてぶちこみたいので、消耗が激しいのです。それでも1年くらいは全然持ちます。お鍋やふたの金属の部分は結構丈夫で3年使っていますが、全然もちます。

1歳からたべられるキャニオンスパイスのカレーのルー

我が家では下の長男がまだ、1歳なのと妻からの添加物が少ない子供用のカレーを使ってほしいとの要望も踏まえて、このキャニオンスパイスのカレーのルーを使っています。子供用のカレーのルーっとにかく味が薄い事が多いですが、このキャニオンスパイスのルーは大人が食べても美味しいです。大人用の甘口のカレーのルーに近い味です。

このルーは私の住んでいるところでは売っているのですが、少し調べて所、大阪の会社ですので関西以外のスーパーではみかけにくいかもしれません。そのような方はネットで購入されてみてください。

トマトピューレ カットトマト

これはお好みですが、私が作るパパカレーではいつも、カレーの隠し味にいれています。スーパーに売っているもので、カットトマトやホールトマトとかでも良いです。味はハヤシライスに近くなりますが、味がワンランクまろやかになって、我が家の子供はたくさん食べてくれます。

祖母が遊びにきてくれた時に、このカレーを出した所、おいしいハヤシライスね!て褒めてくれました。

冷蔵庫に眠っている野菜やお肉

これは冷蔵庫にある残った食材(野菜やらお肉やら)を適当に使ってください。

私は、冷蔵庫の中身を整理整頓し使い切る事もかねているので、隅っこに潜んでいる半分だけの人参や、傷みかけているキャベツやら、茄子やら、玉ねぎやらなんでも刻んでカレーに入れます。ここで重要な事は子供がたべやすいように小さくきることです。これで野菜嫌いのこどもも知らない間に食べてくれます。因みに我が家では毎回ピーマンをとにかく小さくカットして忍ばしています。

野菜を小さく切って、圧抑鍋で煮ればすごく柔らかくなって食べやすくなりますので、カレーのルーによく絡んで子供がどんどん食べてくれます。

またお肉も冷蔵庫にあるものを適当に使ってください。よく冷凍庫のすみで忘れ去られた、豚や鳥がカチコチになって眠っているので、しっかり使いましょう!!

超簡単なパパカレーの作り方

1、野菜、お肉をカットして炒める

とにかく野菜やらお肉やら子供が好きなウインナーなりなんでもいいので、小さく切っていきます。

お鍋に油をしいて、小さく切った野菜やお肉を入れる順番も気にしなくていいので、どんどんお鍋に入れて炒めていきましょう。

私はスピード重視なので、野菜を切ったらお鍋に投入!次の野菜も切ったらお鍋に投入!という具合で野菜やお肉のカットと炒めるという作業を同時進行で行っています。慣れてくるとだいたい10分くらいですべての野菜を切り終わって、お鍋に投入できます。

そのあとは塩と胡椒を少しだけ入れて、30秒くらい炒めます。多少、野菜やお肉が生でも後で圧力鍋でがっつり煮て、そこでしっかり火が通るのでここも適当で大丈夫です。

2、お水とカットトマトを入れる

野菜やらお肉がたっぷり入ったお鍋にお水を大体、全体が隠れる程度にお水をいれます。

私が作る時はお鍋に半分くらいの高さになるまで色々食材をいれるので、それが隠れる程度にお水を入れます。大体お鍋に6割くらいの高さですね。

あとはトマトピューレかカットトマトを入れて、圧力鍋のふたを閉めて煮るだけです。

7分くらい中〜強火でに煮ると圧力鍋の蓋から蒸気が出てくるので、火を止めて放置します。あとは、圧力鍋が勝手にコトコト煮込んでくれます。私はこの間に洗濯ものを取り入れて、畳んでいます。

洗濯物の家事ストレスを少しでも解放!タオルを統一して簡単片付け

蓋が外せるくらいに圧力が下がったら、蓋を開けてカレーのルーを入れて完成です。少し冷まして、そのまま冷蔵庫で一晩寝かします。

この野菜カレーの作り方ですが、実働20分くらいでなれてくるともっと時間を短縮できるかもしれません。火を消したあとに圧力鍋が勝手に煮てくれているおかげで、ガス代の節約にもなりますし、火が消えているので、他の事ができるのでとても助かっています。

さいごに

大体、私は週に1回くらいのペースで夜勤があるので、夜な夜なこのパパカレーを仕込んでいます。妻が寝かしつけをしてくれいる間にささっと作れるのでとても便利です。

夜勤の時には実際にこどもが食べている所を見る事ができていませんが、妻曰くおいしい!おいしい!といいいながらたくさん食べてくれているので助かるとの事です。

次の日は残ったカレーのルーに妻が出汁をとろみをつけてくれいて、カレーうどんにしています。

こん圧力鍋はカレー以外にも本当にいろいろな料理に使えるのでとても便利でめちゃくちゃ時短になります。共働きの夫婦の方には必須アイテムだといってもいいと本気で思っています。まだ持っていないという方や、家にもあるけど使った事がないというパパは是非この機会に使って見てください!

便利さに驚きますよ!そして働くママの少しでもサポートをしていきましょう!

ではまた。