看護師から保健師へ。働き方を変えれば子育てに楽しくなった!!

こんにちは。

2歳と5歳の子育て奮闘中のピカママです。

今日は子育てと仕事の両立するためにしんんどかったこと、

考え方を変えて正社員から派遣に、看護師から保健師へ転職することで子供との時間が変わったことを書きたいと思います。

 

子育てって仕事以上に大変だった!!

人を育てるのは思っている以上に大変ですよね。

私は今まで正社員の看護師として、今は派遣で企業の保健師として平日8時45分〜16時で働いています。

仕事はある程度、自分のペースで予定を立ててできますが子育てはそうはいきません。

医療職ということもあり、

離乳食や幼児食を栄養バランスを考えて作っていました。

『保育園の給食だけに頼ってはいけない』と思い、

朝・夕集中力の続かない子供たちに食べさせて、

食べない時もよくよくあり、

片付けたと思ったら次の日の食事の献立を考えて準備。

その間に洗濯・掃除・保育園の準備もして。

正直トイレにいけずに便秘になったり、

時間を搾取されている、と感じることも度々ありました。

母親になったことを『私には無理だったんじゃないか』と悩んだこともあります。

考え方をシフト。

よりよい人生を送るための思考法。

52のヒントが詰まった書籍で分厚いですが、気になった項目から読み進めればすぐ読めます!

1項目10〜15分程度でパラパラ読めるけど、全て参考になりました。

21項目:目標を立てよう。

みなさん目標立ててますよね。

看護師あるあるですが、(3週間〜2ヶ月の期間)病棟実習で患者さんをもたせてもらい、

目標を立てて計画を実施・評価してまた修正する。

PDCAサイクルを叩き込まれます。

臨床に出ても同様、受け持ち患者さんに対し短期目標・長期目標を立て、

定期的に評価して目標達成に近づいているかどうか話し合います。

目標は数値で表して、より具体的でなければなりません。

そうした習慣が家事・育児に自然と生かされいいこともあるのですが、

反面自分を追い詰める原因にもなります。

『非現実的な目標』を立てても幸せにはなれない。
(ノーベル賞受賞者:ダニエル・カーネマン)

 

紹介している本のなかの一文です。

衝撃の一文。

より具体的に、数値で、を口すっぱく指導されていた私は、

自分にもいつの間にか具体的な目標を立てていました。

私が無意識に立てていた到底達成できそうにない目標。

  • 仕事では正社員!!
  • 貯金は6万円/月以上。
  • バランスのとれた食事!味噌汁は毎朝飲ませる。
  • 食事はレトルトはできるだけ使わず、生協で安心安全な物を食べさせる。
  • 自分の身だしなみを整え、ワンシーズンごとに新しい服を買う。

無意識っていうとろこが怖いんです。

自分では知らず知らず自分自身を追い詰めてしまっていることありませんか?

目標は曖昧にする。

  • 正社員→平日働く、にシフト。
  • バランスのとれた食事→食事は1週間でバランスをとる。シチュー・カレーを週1回ずつ取り入れ野菜をたっぷり圧力鍋で煮る。
  • 毎日の味噌汁→味噌汁は作れる時につくる。毎日と決めない。
  • ワンシーズンごとの服→服飾関係の仕事をしている義理姉に任せてユニクロで揃える。苦手なことは自分では考えない。

 

派遣で平日働いていますが、正社員のときは気を使って帰れなかったことが16時の定時で帰れるようになりました。

看護師の時は昼休憩20分とれればいいところでしたが、今は45分きっちりとれます。

体調もいいし、子どもに優しくなれました。

お金は後から取り戻せますが、幼い子供との時間は、1年後やっぱり子供との時間をとりたい、と思っても5歳と2歳の子どもの時間(今の我が子の年齢)は取り戻せません。

収入が減ることに不安はありましたが、時間が増えると外食や割高な惣菜を買うことも減って意外と貯金もできます。

何より与えられることの喜びは今しか味わえないと思っています。

人って与えることで幸せを感じることができる。

人生100年時代。

子供に自分の時間を与える事での喜びを感じるのは、

傲慢でも自己中心的でもなく自然なことじゃないかと思います。

今しか得られないものは存分に味わって人生を楽しみたい。

フルタイムで病棟や施設で働いていいるけど、家族との時間が思うようにとれない。

家でも仕事のストレスでイライラしている。

子育てとの両立がしんどい。

など、何か今の働き方が違うと感じている働く看護師ママさんがいたら少し『派遣』という働き方も視野に入れてみるのもいいと思います。

ちなにみ私は、MCコンシェルジュで看護師から企業保健師に転職しました。

今は企業も従業員の健康管理のため看護師や保健師を配置する要望が増えてきています。

ぜひ求人をのぞいてみてください。

また、企業での健康管理の経験を積めば製薬会社や外資系企業など有名な企業からの求人も紹介してもらえます。

ぜひぜひ自分の可能性を試してみてください。

ではでは。