愛犬の手作りごはん

先月夫の実家から帰って、何だか調子の悪そうなちわわ君。

向こうでお肉やらパンやらかまぼこやらもらっていたので食べ過ぎかな?と心配しました。

夫の母がちわわ君を可愛がって食べ物をくれるのでちわわ君はばぁばにべったり・・・

上手にいろいろもらいます。

じぃじ・ばぁばが与える子どものお菓子と同様、悪気があってあげるわけではないので何とも難しいのですが、食欲がなく元気がないので食事気をつけてあげようと本を買ってみました。

 

簡単にできる犬ご飯

 

離乳食やん!と言う感じでいろいろなわんちゃんのお食事レシピが載っています。

獣医さんが書いているので症状にあったメニューを作れば目やにや毛艶が良くなったり、ダイエットができたりする実例写真も載っていました。

こちらは下痢のことについて詳しく書かれています。

 

時折入っているイラストも可愛い。

 

 

犬は雑食で意外と食べられるのもが多いそう。

そしてドライフードだけだと、水分が少ないのでいろいろな病気の原因になるそうです。

 

我が家は6才・3才の子どもがいるので、食べられないもの(魚介類やネギ・香辛料など)を除いた夕飯の残りやおからパウダーとたっぷりの水を入れてみることにしました。

 

便通がよくなった

 

今までは1日1回だったのが多いときは2回出るようになりました。

人間でも便は体の中の健康お便り。

しっかり出ると安心です。

 

ごはんの時間を楽しみにしている

 

そして何より、ちわわ君がご飯の時間を心待ちにしているのがよかったと思います。

私が台所に立つとソワソワして足にくっついてきます。

そして、おいしそうにぱくついている後ろ姿を見ると完全手作りではないけど、手を加えてよかったな、と思います。

 

いつものドライフード半分をいれて、今日の朝ごはんの残り(りんご・ホットケーキ・おからパウダー・水)をいれました。

 

8才のちわわ君、子育てに忙しくしている間に歳をとっちゃったな〜と夫と振り返ります。

最初の私たちの家族。

少しでも健康で長生きしてもらえるようがんばるからこれからもよろしく、と思います。

では朝の散歩に行ってきます。

みなさんよい1日を〜(^^)