子供への期待について

子ども等や夫、周りに期待してしまい、ときには期待しすぎで、時々がっかりしてしまうことのある私。

『期を待つ』と書いて期待。

その時をじっと待つことが大切だと思うのですが、イライラ待っていたり、怒って待っていたりします。

 

 

起こるか起こらないか分からないけど、君を信じて待っているよ。

 

 

もらえなくても文句も言わずじっと待っている愛犬のちわわくん、彼の上手な待ち方にますます尊敬の念が深まるのでした。

 

我が家の待ち上手

 

 

たこ焼きもうすぐ出来るかな?

ちょっとでいいから分けてくれるといいな。

無理にとは言わないけど。

 

 

机の上にあるゼリー、まだあるかな?

もし落としたらちょうだいよね。

ぼく、ずっと下で待ってるんだから。

 

 

 

ママ、今日は休みだからホットケーキなんだね。

休みっていいよね。

ぼくは毎日休みだけど、ドックフードだけじゃつまらない。

一口、いいや、ひとかけらでいいから、ぼくのお皿に乗せてくれると幸せ気分が倍増するんだけどな。

 

 

 

ママ、夕飯の準備に真剣だね。

早く作らないともう6時だもんね。

ぼくも真剣に待つことにするよ。

いつか気づいてくれるかな。

 

 

 

吠えずにじっと見ている彼は本当に待ち上手。

そばから離れていったのでまだ待ってるのかな?と視線をやるとすぐに彼の視線とぶつかります。

 

その時【期】が起こるのをじっと【待つ】

 

そんな風に子どもや夫に接することができたらなぁ〜と期待に満ちた大きな目をみながら、ついつい味見をさせてしまうのでした。