疲れたら甘い物・・・冷え性・生理不順だけでなく思わぬ不調の原因に!?オススメはこれ!!

こんにちは。

産業保健師で栄養の勉強が大好きなピカママです。

仕事や家事に追われ、ホッと一息。

ついチョコレートをひとかけら食べたら、

手が止まらず

いつの間にか全部開けてしまっていた。。。

ということはありませんか?

糖尿病専門医、医学博士の牧田善二(まきた・ぜんじ)先生の

この本は図画多くて分かりやすく、

ダイエットや糖質制限に興味のある方に読んでいただきたいです。

 

こんな人にオススメ

 

生理痛・生理不順に悩んでいる

肩こり・冷え性・むくみに悩んでいる

アンチエイジングに興味がある

 

今回は疲れたら甘い物は疲れをとらない?

血糖値の急上昇がよくない

疲れたら甘い物を食べる=

疲れがとれたと感じるのは一時的な気休めで

糖尿病などのリスクを上げてしまうんです。

 

お菓子に含まれる糖質が血糖値を急上昇、

一時的に疲れを感じにくくするんですが

その後、また血糖値が急に下がるのでまた欲しくなる。

 

では、血糖値の変化をみてみましょう。

面談で、『お煎餅は体に良いって勧められたから毎日食べてるねん。りんご酢も寝る前に飲んでる。』

と言われる方もいますが

血糖値はしっかり上がりますよ〜

量と時間を決めてだらだら食べないこと

体にいいとテレビなどで聞いても

食べると基本的に血糖値は上がると思って、やたらと口にしないよう気をつけましょう!

ちなみに、ぴかぱぱ(主人)はジャガリコが好きですが血糖値の上昇は一番大きいですね。(笑)

https://dm-net.co.jp/kanshoku-file/shido1/shido1-3/1/

あと、ヘルシーと思われているかもしれませんが、

和菓子は洋菓子に比べて

砂糖や餅米を、多く使っているので

血糖値は上がりやすいです。

あくまでもこのグラフは糖尿病患者さんに

血糖値を細かく測ってもらった図なので

個人差はありますが、

何も食べていない時に比べて血糖値が急上昇していますよね。

何も食べていないグラフと比べてみてみると、

15分〜1時間で血糖値が200mg/dl以上

上がっているものも・・・

血糖値がグーンと上がり

体が危ない!!血糖値を下げないと!!と

急いでインスリン(別名:肥満ホルモン)という

血糖値を下げるホルモンを出します。

けれど出しすぎて、そのあと低血糖が起こり

イライラ眠気むくみ生理不順につながるんです。

カレーや丼をお昼に食べて、その後の会議が眠たくてしょうがない。

糖質の取りすぎで、食後の低血糖の可能性あり!です。

 

AGEが良くない

老化の原因になると言われるAGE。

AGEはタンパク質と糖質が結びつき、『糖化』が起こった後に作られたものです。

ホットケーキを焼くと、茶色く焦げたような部分がありますよね。

まさにその現象です。

このAGEが、老化のシミ・シワだけでなくがん、心臓病、脳卒中、アルツハイマーなどの病気の原因に・・・

http://www.age-sokutei.jp/about/

AGEを多く含むのが、

  • ワッフル
  • ポテトチップス
  • パンケーキ

パンケーキが好きな女子には辛い事実です。

しかもこのAGE、一度作られると

なかなか体の外に出すことができないんです。

 

 

 

私がオススメするのは小袋ナッツ

 

カシューナッツ・アーモンドが入っていて食べ応えがありおすすめです。

 

【カシューナッツ】

ビタミンB1が豊富

  • 糖質をエネルギーにするのを助ける

 

【アーモンド】

ビタミンB2が豊富

  • 脂質をエネルギーにするのを助ける

 

ビタミンEが豊富

  • 女性ホルモンを作るのを助ける
  • 毛細血管を広げるので肩こりむくみを改善
  • 老化を進める『活性酵素』から体を守る
  • 参加を防ぎ肌・髪を艶やかにしたり、シミ予防

でん六のチョコがコーティングされている

でん六のチョコ

砂糖不使用チョコが、

ナッツ(アーモンド、くるみ、ピーナッツチョコボール)をくるんでお腹も心も満たされます。

我が家の子供たちも大好きで

よく買います。

 

2つとも小袋というのが食べすぎないので良いですよ。

まとめ

  • 糖質の取りすぎに注意!血糖値のジェットコースターを引き起こし不調の原因に。
  • タンパク質と糖質のセットは病気や老化の元(AGE)を作り出す。
  • 体の代謝をよくしてアンチエイジングには小袋ナッツがオススメ。

 

皆さんの健康サポートの参考になれば嬉しいです。

ぴかままでした。

ではでは。