長女の泥棒事件について

 

長女が貯金箱のお金をとった?

 

先週末、母の家に遊びに行ってすごろくをしていたときのこと。

内緒の話のマスに止まった6才の長女が『こないだばぁばの貯金箱から、500円が出てきてん。だから財布に入れてん。』と。

 

 

びっくりして、『え?自分の?それは泥棒やで。正直に行ったのは偉いけど人のお金を取ったら警察に行かないとあかんで。』とキツく怒っているふうにならないように長女に伝えました。

 

すると、悔しそうに泣き出したかと思うと、顔を真っ赤にして『わ〜ん!』と声をあげて泣き出したではありませんか。

それも足をバタバタして。

久しぶりにあんなに泣いた長女をみました。

 

失敗して成長する

 

小学生の頃、私も従姉妹のおねえちゃんの家で可愛いネックレスを見つけてこっそり持って帰ったことがありました。

あと、母について買い物に行った時に、お店の可愛いゴムをこっそりポケットに入れたりとか・・・

 

ダメだとわかっているんですがなぜかその時は間がさすというか、『いいんちゃう?』と誰かが囁きましたね。

後日母にバレて交番に連れて行かれそうになって泣きながら謝りましたよ。

あの時の母はもう体も大きくなって全身で抵抗する私をすごい力で100mくらい引きずって連れていくましたね。

近所の目も気にせず、本当にありがたいことです。

おかげでお巡りさんとは駐禁意外でお世話になったことはありません。(笑)

 

 

けど母に先日それを言うと『そうやったかな?覚えてないわ。』と。

母親ってすごいなぁ〜。

 

物づくりが大好きな長女

 

先日近所のお友達から『きれいやから弟くんによかったらどうぞ』と頂いた『ちゃれんじ』の本を入れる箱を作ってくれました。

 

 

 

 

こんなにたくさん入るかな〜。

新しく買ったパソコンの箱をみつけてしまじろうを描いていきます・・・

 

そっくりやね!

大きさもぴったり。

 

 

いい子に成長しているとママは思うよ。

失敗は子どものうちにいっぱいした方がいい、と思った出来事でした。