高価なもの

高価なもの

 

我が家には高価な物がほとんどありません。

自家用車がありませんので、

まだ30年もローンが残っている、物をできるだけ増やさないようにしている私たち家族には少し広すぎるこのマンションを除けば、高価な物は2つしかありません。

息子さんが高校生になったらたくさん食べるだろうから、と高校生の息子さんがいるらしい、勧め上手な家電量販店の定員さんに少し値引いてもらって買った大型冷蔵庫と、

長女を妊娠中、新しい命の誕生に『成長をすべて記録したい』と張り切った主人が買った一眼レフ。

 

 

3連休の初日、その両方がきっちりその役目を果たしてくれました。

3日前の金曜日、冷蔵庫に長女がポストに入っていた、『水漏れ時にすぐ駆けつけます』という広告のマグネットにお気に入りのシールを貼って冷蔵庫に作った作品。

 

面白かったので慌てて携帯電話を持ってきてパシャリ。

冷蔵庫の汚れが恥ずかしい限り。

 

 

連休の初日の早朝、主人が、またもや張り切って出してきた一眼レフで撮るとこんなに芸術的に・・・

 

一眼レフはいい買い物だった、と夫と言い合い、昨日の午前中は撮影大会。

シャッターを切る音があちこちで聞こえていました。

5歳の長女は夫に貸してもらったカメラを手に、ドアノブを撮ったり、愛犬と睨み合うやんちゃ盛りの弟の背中に向けてシャッターを切ったりしていました。

 

 

 

『トマトの写真も撮ってくれへん?』と長女に頼むと『わかった。』と張り切ってベランダに出てでトマトにピントを合わせてパシャリ。

 

まだまだ青いですが、とても美味しそうに撮れました。